シルキーカバーオイルブロック

シルキーカバーオイルブロックの使い方

更新日:

シルキーカバーオイルブロックの使い方

シルキーカバーオイルブロックの使い方
シルキーカバーオイルブロックを塗る時は、スパチュラなどを使うよりも指の腹で直接とるようにしましょう。

そうやった方が少し温まり、肌への馴染みもよくなります。

それに指で触るとその優しく柔らかいテクスチャが味わえて気分も良くなります。

塗る時のコツですが、なるべく薄く広げ、何度か重ねるようにすることです。初めは少し硬く、ボロボロとした感じですが、すぐに体温のせいで溶けてきます。

肌の上に乗せたら、くるくると何度も擦りつけるようにして染み込ませてあげましょう。肌に塗っていくと、開いた毛穴がしっかり埋まっていくのが分かります。

「薄く重ねづけした上で丁寧に染み込ませる」——。これを何度も行うことで、気になっていた毛穴がすっかり目立たなくなります。

カバーする力を強くしたいと思って多めに塗ってしまう人がいるのですが、量が多いとテカリが出たり、化粧も崩れやすくなります。

塗りすぎてかたまりになったりすると本当に厄介なので、程よく使うことを常に忘れないようにしましょう。

塗り終わったら次はファンデーションをつけるわけですが、実はシルキーカバーオイルブロックの直後に行うのはよくありません。

少し時間をあけ、そのあとでファンデーションをのせると皮脂っぽさがなく、仕上がりがキレイになります。

ティッシュを使っても構いません。手のひらでちょっと押さえつけるようにしてみましょう。強く押さえるのは厳禁。つけた分がティッシュに移ってしまいます。

あと、ニキビ、シミ、そばかす、くまなどの肌トラブルを抱えている人は、ファンデーションをのせる前にコンシーラーを使いましょう。ニキビの場合はクリームタイプ、シミやそばかすならスティックタイプ、くまならチップタイプのコンシーラーがおすすめです。

ファンデーションもタイプが色々ありますが、なるべくならミネラルファンデーションを使うようにしましょう。鉱物でできていますので、一般的なファンデーションと比べると、肌への負担が圧倒的に少なくてすみます。その中でもリキッドではなく、パウダータイプがベスト。シルキーカバーオイルブロックとの相性も良く、化粧直しが楽にすむ、などのメリットがあります。

最後にルースパウダーを使用。これでさらに毛穴が見えにくくなりますので、パーフェクトに近い美肌が完成します。

ファンデーションのヨレもなく、若々しくきれいでツヤのあるお肌を作ることができます。

またファンデーションを使わず、シルキーカバーオイルブロックの後いきなりルースパウダーを叩くというのもいい方法です。

シルキーカバーオイルブロックのメリットとデメリット

シルキーカバーオイルブロックを使ってみて感じたメリットは、小鼻や頬の毛穴をカバーする効果がすごい、という点。

もともと小鼻は毛穴が開きがちなので、これほどキレイに仕上げられるというのは驚きでした。

もともと化粧下地の採点基準は小鼻への対応力にあると思っているので、シルキーカバーオイルブロックは文句なしに満点です。

次にデメリットですが、残念だなと感じたのはその「持ち」です。

普通の化粧下地よりはずっといいのですが、やはり夕方になるとTゾーンあたりがテカってしまいます。

また、カラーコントロールはそれほどではありません。寝不足でのクマはあまり隠してくれませんでしたね。もともとテクスチャが透明なので、色を補正する力を期待する方が間違いなのかもしれません。

ただ、デメリット以上にメリットが多いのは事実。これからもしばらく使っていきます。

シルキーカバーオイルブロックの口コミ情報TOPページへ

-シルキーカバーオイルブロック

Copyright© 『本当に効いた!シルキーカバーオイルブロックの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.